金徳子 画像,韓国料理研究家 金徳子

 
東京・渋谷駅前の不動産売買をめぐり、所得税約3800万円を脱税したとして、東京地検特捜部は16日、所得税法違反の罪で、韓国料理研究家で料理店経営会社の金徳子役員(72)と夫の鄭孝夫役員(74)を在宅起訴した。

 
 起訴状などによると、2人は2013年、所有する渋谷駅前の土地とビルを売却する際、実際の売却先とは異なる会社と虚偽の売買契約書を作成。契約解除で違約金計約2億5500万円が生じたと装い、課税を免れたとされる。違約金はキックバックさせたという。

 特捜部は16日、脱税を手助けしたとして、虚偽の売買契約を結んだ会社の実質的経営者(64)も在宅起訴した。 

This entry was posted in ニュース and tagged , , , . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>